スキンケア

バルクオム洗顔料は毛穴やニキビに効果ある?生石けんって?成分を分析しました

バルクオム愛用者のほしのです。

バルクオムの洗顔料は、皮脂でテカりやすい男の肌をさっぱり洗い上げるのに、キュッとなりすぎず優しく洗い上げるのでかなりおすすめです。

また、実際にバルクオムを使い始めて毛穴の黒ずみや、シェービングによる肌荒れ・ニキビも気にならなくなり、肌の調子がかなり良い!

ほしの
ほしの
肌に悩む男の人にはぜひおすすめしたいと心から思っています!

ですが、バルクオムの洗顔が気になる人の中には、ニキビや肌荒れ、毛穴汚れに本当に効くの?成分的に効果のあるものが入っているの?

と不安な人も多いかと思います。

ほしの
ほしの
特に、肌に悩みを持つ男性なら「スキンケアの失敗をしたくない!」と思いますよね。

そこで、私の彼女で、元美容部員・化粧品検定1級所持のあいちゃんにバルクオムの洗顔料の成分を解析してもらいました。

あいちゃん
あいちゃん
バルクオムの洗顔料が気になる人の参考になれば幸いです!

では詳しく見ていきましょう。

バルクオムの洗顔料成分一覧

まずはバルクオムの化粧水に含まれる成分の一覧です。

カリ含有石鹸素地をメインに、バルクオム共通7成分や、汚れ吸着成分クレイミネラルズやベントナイトなど肌の汚れをしっかり落としながら、潤いは守る成分が入っています。

バルクオムが洗顔料のコンセプトにしている「不要な汚れを落としつつ、肌に必要な成分を残す」がきちんと達成できるような成分で構成されています。

洗顔はしっかり汚れを落として、保湿は化粧水や乳液で補えばいいと考える人も多いですが、実はそうではありません。洗いすぎると、肌に必要な「皮脂膜」まで落としてしまい、肌の水分が蒸発しやすくなって乾燥肌になってしまったり、失った皮脂を補おうとして逆に過剰な皮脂の分泌を招いてしまう可能性があります。

また、肌のバリア機能を失い、ニキビや肌荒れなどゆらぎがちな肌になることもあります。

あいちゃん
あいちゃん
汗や皮脂でべたつきがちな男性の肌をいたわりながら汚れを落とすので、成分的にはかなり良いですね。女性にもかなりおすすめできる成分構成になっています。

それでは成分を詳しく解析していきましょう。

バルクオム共通7成分について


はじめに、バルクオムの全製品に共通して配合されているこだわりの成分をご紹介します。

  1. リンゴ果実培養細胞エキス
  2. 温泉水
  3. グリセリルグルコシド
  4. 加水分解シルク
  5. チャ葉エキス
  6. ユズ果実エキス
  7. セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

成分表を見て分かるの通り、バルクオムの化粧水はこの共通成分がメインで構成されています。

簡単に7成分について説明すると

  1. リンゴ果実培養細胞エキス→肌のターンオーバーを正常化させ、シミ・シワ・たるみなどの肌の老化対策に役立つ
  2. 温泉水→日本最古の美肌の湯として知られる出雲の「玉造温泉水」が肌の角質層へ水分を行きわたらせて、ハリと潤いを与える
  3. グリセリルグルコシド→「復活の木」と呼ばれる木から抽出し、肌の水分を一定に保つ
  4. 加水分解シルク→肌の潤い成分と似ているため、優しく肌を保湿する
  5. チャ葉エキス→シェービング後の肌をいたわりながら殺菌し、ニキビや肌荒れが起きにくい肌にする
  6. ユズ果実エキス→肌のバリア機能を高めるので、ニキビや肌荒れが起きにくい肌にしてくれる
  7. セイヨウシロヤナギ樹皮エキス→がさついたお肌の角質を穏やかに除去する

こういった効果が期待できます。これらの共通成分については↓の記事でさらに詳しく説明しています。

バルクオムの共通7成分はモテ肌を作る効果アリ?徹底解析しましたバルクオムを推しているほしのです!! バルクオムは公式サイトから購入すると初回は洗顔と化粧水のセットが500円で買えるから、試しに...

カリ含有石鹸素地

バルクオムの洗顔料の大部分は、このカリ含有石鹸素地でできています。この成分を主に使用することで、固形ではない柔らかな「生石けん」に仕上がっています。

生石けんの形状にすることで、石けんの洗浄力を持ちながら、肌に必要な皮脂膜を守り乾燥を防ぐエモリエント効果のあるものを多く含ませることができます。
また、バルクオムは簡単にきめ細い・まるで生クリームのようななめらかな泡を作ることができるのも、生石けんのおかげです。
また、成分自体も古くから使用されてきた実績があり、毒性や皮膚刺激性、またアレルギーの報告もないため、安全性が高い成分であると考えられています。

グリセリン、BG

保湿剤御三家と言われる成分のうちの2つ、グリセリンとBGは安価で安全性の高い保湿剤です。

BGは保湿成分の働き以外にも、植物からエキスを抽出する溶媒としての働きを持っています。バルクオムの洗顔料は、リンゴやユズなど植物由来のエキスを配合しているのでBGが入っているようです。

またBGは防腐剤の役割を持ちます。防腐剤と聞くと、肌にそんな成分を塗っていいの?印不安に思う人もいますが、逆に防腐剤が入っていないとコスメはすぐに腐ってしまいます。BGは安全性が高く、肌に塗っても副作用はありません。むしろ、洗顔料の清潔さを保つために必要な成分です。

グリセリンは洗顔料によく含まれる保湿成分です。安価で安全性も高く、保湿剤としての機能を果たすため、洗い上りもつっぱらず、しっとりとした使用感になります。

クレイミネラルズ、ベントナイト

クレイ
洗顔料の洗浄成分として配合されているクレイミネラルズとベントナイト。この2種類はいわゆる「美容泥」です。

クレイミネラルズは、約3万2千年前に起きた赤城火山から噴出した軽石が粘土化したもの。毛穴の汚れを落とす作用と、皮脂中に多いオレイン酸の吸着力にも優れているため、にきびや毛穴汚れを改善する効果もあります。

ベントナイトは海底・湖底に堆積した火山灰や溶岩が変質することで出来上がった粘土鉱物の一種。皮膚の表面で水とともに薄いフィルムを形成するため、保湿性が高く、毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れをしっかり洗い落とし、水分と油分のバランスが整った美しい素肌に導きます。

まとめ

バルクオムの洗顔料は汚れをしっかり落としながら肌に必要な潤いは守って洗い上げるため、肌に優しいことが分かりました。

また、ニキビや肌荒れが気になる人にも効果が期待できる成分が配合されているので、安心して使用することができます。

バルクオムの洗顔料は、化粧水とセットで初回500円なので、気になる人は早めのお試しをおすすめします。

洗顔と化粧水のセットが500円から